医療チーム

​メディアでも話題の介護脱毛

近年メディアでも取り上げられ話題となっている【介護脱毛】

【介護脱毛】とは、ご自身が介護を受ける側になった時に備えて、介護受ける側も、する側の方も快適に過ごせるよう脱毛をしておくというエチケット脱毛で、主にデリケートゾーン(VIO)の脱毛を指します。

介護脱毛がおススメの理由としまして、歳を重ねることで、ほとんどの人は免疫力が低下すると言われており、アンダーヘアが長い状態ですと、不衛生になり肌トラブルを起こしかねない為です。

例えば、入浴の回数が減った場合、雑菌が繁殖して臭いの原因になったり、おむつ着用での介護になった場合、排泄物がアンダーヘアにこべりつき、綺麗に拭き取れないといったお悩みを抱える方が多いのが現状です。

さらには、おむつかぶれを起こしてしまった場合、免疫力の弱いお年寄りは回復に時間がかかり、不快な時間が長くなってしまいます。

そのようなトラブルを避けるために、予め脱毛をして毛を減らしておくという、周りへの配慮が生んだこの時代ならではの脱毛の最先端なのかもしれません。

当店でのデリケートゾーンの脱毛は、男性スタッフが担当いたします。

ご年齢を問わずご利用いただけますので、安心してご相談ください。


​​

患者と介護士

介護する側・される側のメリット

介護脱毛は、VIOの毛をなくすことにより介護する側の手間が軽減されることを目的としていますが、介護される側にもメリットがあるかどうかを簡単に紹介させていただきます。

<介護する側のメリット>

・ふき取りなど介護の手間が軽減できる

・アンダーヘアーが無いことで短時間でスムーズにケアできる。

・清潔にすることによって感染症などの可能性リスクが軽減できる。

・肌の状態をチェックしやすい。

<介護される側のメリット>

・かぶれや感染症の発症を軽減できる。

・臭い・かゆみなどの軽減。

・介護者への申し訳なさ・羞恥心の軽減。

​介護する側・される側にとってもデリケートな部分だと思いますので介護脱毛をすることによってメンタル的な部分の介護もスムーズになると思います。

ドクター'の予定

介護脱毛を始める時期

​介護脱毛に関してここ近年メディアでも話題となっています。

介護脱毛に興味がある・今から介護脱毛を始めたいなどお考えの方で実際に施術されている方がここ2~3年で6倍以上になっているそうです。

では実際どのくらいの年代の方が多いかと申しますと<40代~50代>の方がもっとも介護脱毛に興味があり実際施術されていらっしゃるようです。

なぜか?最も多かったのが親の介護がキッカケなっているそうです。

<40代~50代>というと実際に自分の親などの介護を経験するのが非常に多い年齢層です。

排泄物や入浴などの世話が大変だった、アンダーヘアがなければ、、。などそんな経験があるからこそ、もし自分が介護される側になった時をイメージすると自分が介護してもらう時はアンダーヘアーの処理をしておきたいとお考えになるようです。

もし自分に介護が必要になったら・病気や怪我でサポートが必要になったらと考えると介護脱毛だけではなく備えていて安心かもしれません。

​実際に必要になったときに施術しても1日で終わるわけではなくある程度の期間が必要になりますの一度無料カウンセリングで相談することをお勧めいたします。